肝硬変でみられる症状とは?

内臓の病気には、自覚症状が現れにくいものもあります。肝硬変の場合も同じで、例え肝硬変を患っていても、自分で分かるような症状が確認できるわけではありません。
肝硬変が初期であれば、特に気づきにくいものです。あったとしても体がだるかったり疲れやすかったりといった程度ですから、ほとんどの方が肝硬変だと疑うことはないようです。
では、なぜ初期の肝硬変には自覚症状がないのでしょうか?
これは、肝臓という臓器の機能に深い関係があります。肝臓は代償能という機能を担っていますが、代償能が自覚症状を起こさない原因だとされています。肝臓になんらかの障害が発生した場合でも、正常な部分が代わりに機能を果たして補うからです。この機能が持続すれば問題はありませんが、そうはいきません。代償能の働きに限界がくると、肝硬変の症状は一層悪化してしまい、さまざまな症状となって現れます。
このように、代償能があることで症状が起きないことを代償性肝硬変と言います。また、非代償性肝硬変になると症状が起こりだします。代償能の限界によって引き起こされるのは、食欲不振や疲労感、全身倦怠感などがあります。それまでは自分で症状を自覚することもありませんでしたが、非代償性肝硬になったことでいくつかの症状が確認できるようになるのです。また、これらの自覚症状だけでなく、肝臓障害独特の他覚症状も見られるようになります。腹水や黄疸がその症状に入ります。肝硬変による他覚症状が出始めた頃には、症状が非代償性肝硬変に変わっていることになります。
肝硬変を予防するためにも日頃から肝臓サプリで予防してみてはいかがでしょうか。

メニュー